歯を上手に使えて毎日ハッピー

歯を上手に使える人が美しい理由とは


歯を上手に使う意味は

 

歯は、生えたままでは噛む道具としては使い物になりません。歯が生えてきた状態に近いほど、歯は使えない状態ということですね。

そこで、歯を上手にすり減らすことが必要です。健康で正しい歯の使い方をしていたら、歯は適度にすり減っていきます。
ということは、歯は正しく使わないと、使える道具としての完成度が低いということです。

 

歯のきれいな人

 

歯を上手に使うのは、実はとても難しいことです。なんと言っても、お行儀の悪い人は歯が上手にすり減らせません。

お行儀ってなんでしょう。年寄りに聞いてみましょう。
お行儀って、立ち居振る舞いを示します。立ち居振る舞いとは何でしょう? 立っている姿と座っている姿、そしてそれ以外の動作を示します。
えっ? 気がつきましたか。立ち居振る舞いって眠っている以外の全部なんです。お行儀とは、起床してから就寝までの間の全部のことです。この間ずっとお行儀が良いと言われるようにしてなくてはいけないのです。なんだか苦しいみたいですね。束縛されてるみたいです。

でも、この全てが美しい人は身体がまっすぐなんです。

 

▼もっと詳しく知りたいなら