Woman choosing meat-filled steamed bun at convenience store

アンチエイジングに悪影響をあたえる生活習慣とは


まずはマイナスのアンチエイジングから

私がアンチエイジングの実践において、皆さんにまず初めにしていただきたいことは、悪い生活習慣をやめることです。

講演会やセミナーなどの懇親会などで、よく聞かれることは「先生、どんなサプリメントを取ればいいですか?」、「美容医療で今、一番のおすすめは何ですか?」、「プラセンタ注射は打った方がいいですか?」、「グリーンスムージーって効果ありますか?」などといったプラスのアンチエイジングの方法についてのことです。

もちろん、これらのことに関して的確なアドバイスをするのも私の仕事のひとつではありますが、何かを足したりする以前に「悪いものを取っていないか?」、「アンチエイジング的にNGな生活を送っていないか」を問いただすようにしています。

・タバコを吸っていませんか

・夜更かししていませんか

・ジャンクフードを食べていませんか

・コンビニ、ファストフード、ファミレスの常連さんになっていませんか

・冷凍食品ばかりを食卓に並べてませんか

どんなに品質の良いサプリメントを取ろうとも、身体に悪い成分がたくさん入った食べ物などを多く取っていたのでは本末転倒。サプリの効果も半減します。それでは、どんな食べ物が良くないのでしょうか? この問題を解く鍵も、昔の人間の生活を振り返るところにあります。

現代のように保存のための加工技術がなかった昔、流通が今ほど発達していなかった昔を考えてみてください。食材は自給自足に近い形で手に入れ、獲れたてのものをすぐに調理して、その場で食するのが当たり前でした。ということは、食材そのものもわかっているし、最終的に口に入るものも何でできていて何が入っているかもわかっているわけです。

無農薬野菜

ところが、現在はどうでしょう? 食材がどこでどのように作られたものかもわかりません。産地偽装などということもありましたね。

加工食品、冷凍商品、コンビニ弁当やお惣菜、ファストフードのハンバーガーやフライドチキン、これらの食品にはいろいろな添加物が使われています。食品を加工しやすくする。保存性を高める。色や風味を付けおいしそうにみせる。できるだけローコストでおいしいと感じさせる。

食品添加物は食品を大量生産し流通に乗せる際には不可欠なものかもしれませんが、私たち人間の身体にとっては何のメリットもありません。それどころが、健康を害し老化を促進させる可能性すらあるのです。

冷凍食品、ハム、ベーコン、魚肉練り製品、食パンや調理パン、袋入りインスタントラーメンやカップラーメン、顆粒だしやドレッシング、スナック菓子、清涼飲料水など枚挙に暇がありません。これらの食品を全く取らずに生活していくことはほとんど不可能でしょう。

しかし、現実をしっかり認識して不用意にこれらのものを取らないようにする努力は必要です。最近ではこういった情報を提供してくれる良書もたくさん出ています。一度きちんと勉強しておくと良いでしょう。

 

▼もっと詳しく知りたいなら