痩せたいからまず腹筋

痩せるためには腹筋運動は不要です


太っているからこそ腹筋運動をやるべきではない

 

痩せるためには腹筋運動は不要です。みなさんの腹筋神話を壊していただくために、いかに腹筋運動がダイエットには非効率で、優先順位を下げるべきで、全くやる必要もない運動だということを説明していきたいと思います。

例えば、私が「なぜあなたは腹筋運動をするのか?」と質問したとしましょう。恐らく、ほとんどの人がそれに対して理にかなうような答えが出せないと思います。というのも、腹筋運動は腹筋を鍛えるためのエクササイズであって、お腹を凹ませるエクササイズそのものではないからです。全く意味がないということではありませんが、そんなことしている暇があれば違うことをした方がよっぽど効果が出るし、やらなくても大して効果は変わりません

 

f85d18354cbe5142b3c1de36add375ae_m

 

そもそも、ダイエットを目的とした場合、どういう理由で腹筋運動を行うのでしょうか? ほとんどの人は「お腹を凹ませたいから」だと思います。

そして、腹筋運動をすれば腹筋が鍛えられてきて、さらに腹筋運動をすればするほど、お腹についてしまった脂肪が無くなり、お腹が凹んで引き締まっていくという風に皆さんは想像しているのだと思います。

しかし残念ながらそれは間違いです。これは身体の全ての部位に言えることですが、全身の脂肪は、それぞれ気になるところを鍛えることによって、都合よくキレイに無くなっていくということなどないのです。残念ながら人間の身体は、強く鍛えたら脂肪がなくなる……などという簡単な仕組みではないのですから。

皆さんの周りの運動指導者はわかりませんが、勉強熱心な指導者であれば、腹筋運動ではお腹の脂肪は落ちないことをみんな知っています。むしろ、あまりに当然すぎて、一般の人がこのように考えているなんて思っていなかったという人までいました。現在では、腹筋運動はそれぐらい優先順位が低いエクササイズなのです。

 

バランスボールで腹筋をしてみた

 

確かに、脂肪は筋肉が弱いところにつきやすいとも言われていますし、筋肉をつけることでその部分の脂肪が多少落ちやすくなるという風にも言われています。しかし、それを考慮に入れてもなお、一般的な腹筋運動の優先順位を上げる必要はないと私は考えています。

単純に、腹筋運動で腹筋を鍛えたいのだとしても、お腹の脂肪が邪魔をして全く腹筋へのアプローチができないということも加えておきます。本章のタイトルどおり、太っていればいるほど、腹筋運動はやるべきではない運動なのです。

お腹を凹ませるということは、ウエストを細くするということが大きな目的で、そして、弛んでついてしまった脂肪を燃焼させたいということであることを絶対に忘れてはいけません。これらを実現する場合に、やはり腹筋運動は目的にピッタリの運動ではなくて、もっと効率的に効果を出す方法があるということを知り、そしてそれを知っているかいないかで大きく結果が変わってしまうということをご理解頂ければと思います。

 

▼もっと詳しく知りたいなら